東京都葛飾区の公然わいせつ事件で逮捕 取調べ対応を刑事事件専門弁護士に相談

2018-01-21

東京都葛飾区の公然わいせつ事件で逮捕 取調べ対応を刑事事件専門弁護士に相談

東京都葛飾区に住むAさんは,路上で自分の陰部を露出したとして,公然わいせつの疑いで葛飾警察署逮捕されました。
葛飾警察署の取調べにおいて,Aさんは「最近,Aさんのような公然わいせつ事件が多発している。他の日の事件もお前じゃないのか?」と言われています。
自分のやったこと以外の公然わいせつ事件も自分の犯行にされてしまうのではないかと,Aさんは,刑事事件専門の弁護士取調べ対応のアドバイスを求めました。
(フィクションです)

公然わいせつ事件】
「公然とわいせつな行為をした者は,六月以下の懲役若しくは三十万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する」と刑法上定められています。
ですから,上記Aさんの行為は「公然わいせつ罪」として処罰される可能性が高いと言えます。

公然わいせつなどの性犯罪は,1回で終わることは少なく,継続的に行ってしまう可能性が高いと言えます。
実際,弊所に公然わいせつ罪でご相談に来られる相談者の中にも,「3回目で,公然わいせつ逮捕されてしまった」などという方も少なくありません。
また,必ずしも性的欲求から公然わいせつ行為に及んでいるとも限らず,「いつ発覚するか分からないスリルを味わいたいため」に公然わいせつ行為におよんでしまったというケースもあります。

どのような動機があるにせよ,公然とわいせつ行為をした場合は「公然わいせつ罪」になることは留意しておかなければなりません。

取調べ対応】
冤罪といわれた場合,すぐに思い浮かべるのは「全く事件に関係ない人が,いきなり「殺人罪」に問われた」等のケースでしょう。
しかし,実際は,上記のような「確かに犯罪は起こしたが,自分の知らない同種案件についてまで疑われて罪が加重される」というケースもあります。
そのような事態を避けるためにも,しっかりと警察や検察官の取調べへの対応をしておかなければなりません。
取調べに適当に相槌を打っていたら,自分の知らない事件についても犯人にされていたという事態は避けなければなりません。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士刑事事件専門の事務所として,取調べ等の対応も適宜適切にお伝え出来ます。
東京都葛飾区公然わいせつ事件逮捕され,取調べ対応にお困りの方は,弊所の相談予約電話までお電話ください。
葛飾警察署 初回接見費用:3万8500円)

ページの上部へ戻る