Archive for the ‘財産事件’ Category

東京都板橋区高島平の強盗事件で自首 刑事事件専門弁護士に今後について相談!

2017-06-08

東京都板橋区高島平の強盗事件で自首 刑事事件専門弁護士に今後について相談!

東京都板橋区高島平内にある店で万引きをしたAさん(23歳)は、追ってきた店員を振り払って転倒させて逃走してしまいました。
後日、自らの行為が強盗罪になるのではないか、店員さんに申し訳ないことをした、と罪悪感にさいなまれたAさんは、高島平警察署自首するつもりです。
ただ、自首後にどうなるのか不安になったAさんは、自首する前に刑事事件に強い弁護士に相談しました。
(フィクションです)

自首
上記Aさんは、強盗事件を起こしてしまいました。
「ふと魔が差して、強盗事件や痴漢事件などを起こしてしまったが、逃げてしまった。しかし、罪悪感にさいなまれており、自首したい。」といった相談も弊所には寄せられます。
今回は、自首について書かせていただきます。

自首とは、犯人が捜査機関に対し自発的に自己の犯罪事実(盗撮など)を申告し、訴追を求めることをいいます。
自首が成立した場合には、刑が減軽されることがあります(刑法42条)が、あくまで、減刑される「ことがある」ので、減刑されないこともあります。
もっとも、自首という事実を考慮してくれる裁判官も少なくはありません。

また、自首をすれば逮捕されるリスクを下げる可能性があります。
逮捕の要件に、逃亡の恐れや罪証隠滅の恐れというものがあるのですが、自ら犯罪を告白しに来たのだから、逃亡の恐れや罪証隠滅の恐れはないだろうと判断され、逮捕されない可能性が高まるのです。

ただし、自首した場合、犯罪の事実が発覚しますので、たいていの場合捜査(取調べ等)がなされることになります。
その捜査の対応を間違えると、自分の思っていたよりも重く処罰されてしまったりする可能性もあります。

ですから、東京都板橋区高島平強盗事件で自首をお考えの方は、一度、初回無料の相談をしている弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
刑事事件のプロが、ご相談者様の疑問に丁寧にお答えいたします。
高島平警察署 初回接見費用:3万7900円)

東京都板橋区の少年事件で逮捕 コンビニ強盗で逮捕されたら弁護士に相談

2017-06-06

東京都板橋区の少年事件で逮捕 コンビニ強盗で逮捕されたら弁護士に相談

東京都板橋区に住む少年A(17歳)は、不良仲間と一緒に、小遣い稼ぎのためコンビニ強盗を繰り返していたところ、東京都板橋警察署に捜査本部が設置され、同署の警察官に強盗罪逮捕されました。
今後について心配になったAの両親は、少年事件、刑事事件に強い弁護士に相談しました。
(フィクションです。)

強盗罪

強盗罪の法定刑は、刑法第236条で、5年以上の懲役刑と定められています。
強盗罪の成立要件は、「暴行又は脅迫を用いて他人の財物を強取した場合」とされています。(同法236条1項)

また、万引き等の窃盗を行い、逃げる犯人が、逮捕を免れるため等で被害者の方を怪我させた場合は、「事後強盗罪」となり、「強盗罪」として処理される可能性があります。

少年事件なら専門の弁護士

少年が、強盗罪逮捕されて、強盗罪について身に覚えのない場合、少年事件、刑事事件専門の弁護士に弁護を依頼することが重要です。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件、刑事事件専門の弁護士事務所ですので、取り調べに対する適切なアドバイスや、アリバイ証拠を精査し、審判不開始や不処分を目指しすための弁護活動を行います。

また少年が強盗罪を認めている場合も、弊所の弁護士は、少年事件、刑事事件専門の弁護士ですので、強盗罪よりも量刑の軽い窃盗及び暴行罪等として刑事処分がなされるよう適切な弁護活動を行います。

東京都板橋区の少年による、強盗罪等で家族が逮捕されお困りの方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料相談をお申込み下さい。
板橋警察署 初回接見費用:4万100円)

東京都渋谷区の詐欺事件で逮捕後、迅速弁護 弁護士の活動により勾留回避

2017-06-04

東京都渋谷区の詐欺事件で逮捕後、迅速弁護 弁護士の活動により勾留回避

東京都渋谷区に住むAさんは、渋谷警察署逮捕されました。
容疑は、オレオレ詐欺の受け子をしたというものです。
この件で、Aさんのグループの数人が逮捕されているとのことでした。
Aさんの両親は、Aが大学生ということもあり、「どうすればよいか、勾留を回避することは難しいのか」等を、刑事事件専門の弁護士事務所の弁護士に相談しました。
(フィクションです)

【オレオレ詐欺などの逮捕
弊所に相談に来られる詐欺事件で、多い部類の一つは、「オレオレ詐欺の受け子をしてしまった」「振り込め詐欺を行ってしまった」というものです。
とくに、「息子さんや娘さんが、オレオレ詐欺/振り込め詐欺の受け子をしてしまって逮捕された」と警察署から連絡がきたことで、慌てて相談へいらっしゃる親御さんが少なくありません。

上記のような詐欺をした場合、たとえ、被害額が少額であったとして、逮捕された後なかなか出てこれない(身柄解放がなされない)ことが多いといえます。
というのも、上記詐欺事件の場合、逮捕後、勾留決定がなされて身柄解放がなされないことが多いからです。

逮捕後に身体拘束をするためには、検察官は勾留請求をしなければなりません。
そして、裁判所が「勾留決定」を出さなければ、身柄は即日解放しなければならないのです。
勾留が認められる要件としては
・罪証隠滅の恐れがある
・逃亡の恐れがある
・(身体拘束による不利益性を考慮しても)身体拘束をする必要性がある
等があげられます。

組織犯罪が疑われる「オレオレ詐欺」や「振り込め詐欺」の場合、身体拘束をしないでいれば、警察が把握していない共犯者に働きかけて罪証隠滅などをする可能性が高いといえるため、裁判官は勾留を認めやすいのです。

しかし、絶対に勾留がつくというわけではなく、例えば、振り込め詐欺だとは知らなかったというような場合や、上記要件が満たされていないと思われる場合などには、勾留を回避できる可能性は大いにあります。
そのためには、弁護士ときちんと相談し、適切な主張をすることが得策と言えるでしょう。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門であり、多数の詐欺事件も取り扱ってきました。
過去に、振り込め詐欺事件で勾留を回避した例もあります。
東京都渋谷区詐欺事件で勾留を回避したいとお考えの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
渋谷警察署 初回接見費用:3万4900円)

東京都東大和市の窃盗罪 余罪多数のひったくり事件で再逮捕されたら弁護士に相談

2017-06-02

東京都東大和市の窃盗罪 余罪多数のひったくり事件で再逮捕されたら弁護士に相談

東京都東大和市に住むAさんは、小遣い稼ぎのためひったくりを繰り返していたところ、東京都東大和警察署の警察官に窃盗罪(ひったくり)で通常逮捕されました。
Aさんはひったくり事件の余罪が多数あったため、20日間の勾留後、再逮捕されてしまいました。
(この事実はフィクションです。)

窃盗罪とは】

窃盗罪は刑法第235条に定められ、法定刑は10年以下の懲役又は50万以下の罰金になると定められています。
窃盗罪の成立要件は、「他人の財物を不法領得の意思をもって窃取すること」とされています。
窃盗罪には様々な手口があり、万引き、空き巣、事務所荒らし等の他、東大和市のAさんのように「ひったくり」も窃盗罪に該当します。

再逮捕とは】

警察に逮捕された後、最大で20日間、身柄拘束が継続する可能性があります。
しかし、余罪が多数ある場合では、勾留後に釈放され、直ちに別の余罪事件で再逮捕されるケースもあります。

東大和市のAさんのように、ひったくり等の窃盗罪では、余罪が数10件を超えることもあります。
余罪が多い事件では、捜査機関は本件事件で逮捕する前に、既に余罪事件についてもある程度捜査をしている可能性が高いです。
このようなケースでは、本件で逮捕、勾留後、直ちに余罪事件で再逮捕され、勾留期間がさらに延びることも十分考えられます。

身に覚えがない場合は別ですが、加害者側が逮捕事実以外にも多数余罪事件を抱えている場合、必ずしも否認や黙秘を続けることが最善とはならない可能性もあります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、窃盗罪等の刑事事件専門の弁護士が、窃盗罪等の余罪多数の事件においても、取り調べや被害者対応を適切に行うことに自信があります。
ご家族が余罪多数の窃盗罪等で再逮捕されてお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までまずは無料相談をお申込み下さい。
東大和警察署 初回接見費用:3万7300円)

東京都足立区の刑事事件で任意出頭 業務上過失致死傷罪の取り調べなら弁護士に相談

2017-05-31

東京都足立区の刑事事件で任意出頭 業務上過失致死傷罪の取り調べなら弁護士に相談

東京都足立区で工場を経営するAは、機械のスイッチが誤作動したことで従業員が大ケガをし、救急車や警察が出動する事態を起こしてしまいました。
その後、東京都足立区を管轄する千住警察署の警察官から、業務上過失致死傷罪の疑いで任意出頭を要請され、取り調べに不安を感じたAは、業務上過失致死傷罪等の刑事事件専門の弁護士に相談をしました。
(フィクションです。)

業務上過失致死傷罪とは】
業務上過失致死傷罪とは、刑法第211条前段に定められ、法定刑は、5年以下の懲役若しくは禁固、又は100万円以下の罰金です。
業務上過失致死傷罪の成立要件は、「一定の業務を反復継続して行う地位にある者」が、「業務上課せられる必要な注意を怠り、人を死傷させた場合」とされています。
業務上過失致死傷罪で捜査機関から任意出頭を要請される事例としては、東京都足立区のAさんのような工場内等での作業中の事故、病院での医療事故等があります。

刑事事件任意出頭を要請されたら】
警察が業務上過失致死傷罪で捜査する場合、会社経営者や安全管理者等へ任意出頭を要請し、取り調べを行う可能性があります。
取り調べでは、事故が発生した経過、社内規則等について聴取すると考えられます。
また業務上過失致死傷罪では、関係者からの取り調べの他、事故現場や本社等に対し家宅捜索をする傾向があります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、業務上過失致死傷罪等の刑事事件専門の弁護士事務所です。
弊所の弁護士は、任意出頭を要請された場合の取り調べに対する適切なアドバイス等を行い、不起訴処分を目指します。
業務上過失致死傷罪等の刑事事件任意出頭を要請されたら、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までまずは無料相談をお申込み下さい。
千住警察署 初回接見費用:4万1000円)

【東京都の弁護士】荒川区のヤミ金融事件で窃盗罪・貸金業法違反・出資法違反なら

2017-05-25

【東京都の弁護士】荒川区のヤミ金融事件で窃盗罪・貸金業法違反・出資法違反なら

東京都荒川区ヤミ金融グループに所属していたAは、不正に売買された他人名義の銀行口座のキャッシュカード数枚と暗証番号を渡され、現金を引き出すよう指示を受けました。
Aが東京都荒川区内のATMで、現金を20回以上にわたり引き出したところ、東京都荒川区を管轄する警視庁尾久警察署の警察官に窃盗罪の疑いで逮捕されてしまいました。
その後、ヤミ金融グループの主犯も逮捕され、Aは窃盗罪の他、貸金業法違反、出資法違反の疑いで追起訴されてしまい、心配になった家族は、窃盗罪等の刑事事件専門の弁護士に初回接見を依頼しました。
(フィクションです。)

【ヤミ金融事件の実態】

ヤミ金融事件は、オレオレ詐欺事件などと同様の組織犯罪であることが多いです。
ヤミ金融事件では、貸金業法違反や、出資法違反、組織犯罪処罰法違反で捜査される他、組織の末端役である現金引き出し役が窃盗罪の容疑で逮捕されるケースもあります。

それでは、上記のAのように、現金引き出し役が窃盗罪に問われるのはなぜでしょうか。
ヤミ金融事件の現金引き出し役は、他人名義の口座のキャッシュカードを利用して現金を引き出して、その現金を指示役に渡すため、現金の占有者である銀行の意思に反して現金を引き出していると解され、窃盗罪として成立するとされています。

【ヤミ金融事件で逮捕されたら】

ヤミ金融事件窃盗罪で逮捕された場合、組織の全容解明に時間がかかるため、勾留され、また接見禁止となる可能性があります。
また、ヤミ金融事件では、組織の末端として窃盗罪で逮捕・起訴されていても、場合によっては、貸金業法違反出資法違反等で再逮捕や追起訴をされる可能性もあります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、ヤミ金融事件における窃盗罪貸金業法違反出資法違反等の刑事事件専門の弁護士事務所です。
ご家族がヤミ金融事件の犯人として逮捕され、お困りの方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで、初回接見をお申込み下さい。
警視庁尾久警察署 初回接見費用:4万1000円)

東京都荒川区の通帳詐欺事件で任意出頭 口座凍結されたら刑事事件専門の弁護士

2017-05-13

東京都荒川区の通帳詐欺事件で任意出頭 口座凍結されたら刑事事件専門の弁護士

東京都荒川区に住むAは、インターネットの掲示板で口座売買の募集サイトを見て、小遣い稼ぎのため、銀行で口座を開設後、関係者に通帳とキャッシュカードを渡して暗証番号を伝えました。
その後、Aの口座凍結され、警視庁荒川警察署から通帳詐欺事件に関与した疑いで任意出頭を要請されたため、不安になったAは通帳詐欺事件等の刑事事件に強い弁護士に弁護を依頼しました。

通帳詐欺事件で口座凍結されたら】
オレオレ詐欺等の犯罪に、口座が使われた事実が判明した場合、口座凍結手続きが行われます。
口座凍結の情報は、各金融機関や捜査機関で共有されているようです。
そのため、別の金融機関で新しく口座開設しようとした際、行員の方から事情を聴かれ、また場合によっては警察に通報されて、任意出頭を求められる可能性もあります。
通帳詐欺事件に関与した覚えがない場合でも、口座凍結されていますと、捜査機関から事実確認のため、任意出頭若しくは、事情聴取される可能性があります。

通帳詐欺事件で任意出頭要請されたら弁護士に依頼】
口座凍結された理由としてよくある事案が、その口座がオレオレ詐欺や還付金詐欺、又はオークション詐欺、通帳詐欺事件等様々な組織犯罪のツールとして利用されているケースが挙げられます。
通帳詐欺事件等の組織犯罪の場合、警察側で既にある程度主犯を逮捕し、また口座売買の関係者から事情聴取をしている可能性もありますので、任意出頭を要請されたら、通帳詐欺事件等の刑事事件専門の弁護士に相談することをお勧めいたします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、通帳詐欺事件等の刑事事件専門の弁護士事務所ですので、取り調べ等のアドバイスの他、被害者との示談交渉等について弁護活動を行います。
口座凍結等の通帳詐欺事件に関与した疑いで警察から任意出頭を要請されましたら、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にまずは無料相談をお申込み下さい。
荒川警察署 初回接見費用:4万1000円)

東京都あきる野市の少年事件に強い弁護士 強盗事件で少年院回避を目指す

2017-05-07

東京都あきる野市の少年事件に強い弁護士 強盗事件で少年院回避を目指す

東京都あきる野市に住むA君(17歳)は、友人に誘われて、友人らと一緒に万引き行為をしてしまいました。
その際、店員に気付かれて腕を掴まれたため、逃走するために相手を振り払い一発だけ殴った後、逃走しました。
後日、被害届を受理した五日市警察署により、強盗罪でAは逮捕されました。
Aの両親は、「少年院を覚悟しているが、出来ることであれば少年院は回避したい」と思い、少年事件に強い弁護士事務所に相談しに行きました。
(フィクションです)

強盗事件】
少年が少年事件を起こして逮捕された場合、後日、家庭裁判所による審判が開かれることになります。
そこでの処分は、事件の内容や少年の更生度合(期待可能性)などにより、保護観察や児童養護施設への送致、少年院送致など色々あります。
ただ、強盗事件のような重罪を犯した場合、たとえ初犯であったとしても、審判で少年院送致の処分が下される可能性が高いと言えます。

少年院とは、家庭裁判所から保護処分として送致された少年に対し、その健全な育成を図ることを目的として矯正教育、社会復帰支援等を行う法務省所管の施設をさします。
そして、少年院は、少年の年齢や心身の状況により、第1種、第2種及び第3種の3つの種類に分けて設置されており、どの種類の少年院に送致するかは,家庭裁判所において決定されます。
(法務省HPより)

少年の両親の心情からすると、少年院送致は避けたいものであることは当然に思われます。
少年院送致を何とか避けたいと考えて相談へいらっしゃるかたも少なくありません。
もっとも、少年院回避してほしい理由をただ単に主張すればいいのか、少年院を結果的に回避できればいいのかと言われれば、決してそういうわけではありません。
少年院は、少年の更生施設ともいえますので、少年院を避けるのであれば、しっかりと少年が更生に向けて努力している(例えば、カウンセリングへ行っている等)必要があるのです。
また、本人だけでなく、両親や友人関係といった少年を取り巻く環境も調整しなければなりません。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件・少年事件専門ですから、数々の少年事件の経験がございます。
少年やその家族にとってどのようにすれば更生が望めるのかを一緒に考え、その更生が見込まれる結果として、少年院を回避できるように尽力いたします・
東京都あきる野市少年事件でお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士に一度ご相談ください。
五日市警察署 初回接見費用:4万200円)

神奈川県横浜市南区の少年事件に強い弁護士 窃盗罪での逮捕に迅速対応

2017-05-03

神奈川県横浜市南区の少年事件に強い弁護士 窃盗罪での逮捕に迅速対応

横浜市南区に住む少年A(18歳)は、アルバイト先で、20万円を盗んだ窃盗罪の犯人として、神奈川県南警察署逮捕されました。
少年Aは以前も窃盗罪で逮捕されているため、今後の処分に不安を覚えたAの家族は、窃盗罪等の少年事件専門の弁護士が多く所属する、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士に弁護活動を依頼しました。
(フィクションです)

少年事件とは】

少年事件では、20歳未満の少年(少女も含む)が犯罪や、刑罰法令に触れる行為をした場合に「少年事件」として手続きされます。

原則少年事件は、家庭裁判所へ事件が送致されます。
その後、調査官が少年を調査し、少年事件の審判が開始(又は「審判不開始」)となり、処分が決まります。
少年事件の処分は、不処分、保護観察、少年院送致、検察官送致(少年事件が重大犯罪の場合)などがあります。

少年事件の弁護活動】

少年事件は、少年の更生を目的とした上で処分が決定されます。
そのため少年事件では、少年院送致等の処分を防ぐために、少年事件専門の弁護士による弁護活動が重要になります。

少年事件の弁護活動の具体例としては、弁護士が家庭裁判所に対し、保護者のサポート体制や今後の更生プランを提示し、少年に再犯の見込みがないことを示す等の弁護活動があります。

これらの少年事件の弁護活動は、単に少年の処分を軽くするためだけではなく、少年が今後更生するためにも大切な弁護活動と言えます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の少年事件専門の弁護士は、少年の更生案を一緒に考え、不安を抱えるご家族や少年に寄り添った弁護活動を目指します。

窃盗罪等の少年事件で少年が逮捕されて不安な方、また少年の更生についてお悩みの方は、少年事件専門の弁護士が多く所属する弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料相談をまずはお申込み下さい(0120-631-881)。
神奈川県南警察署までの初回接見費用41,200円)

東京都町田市の刑事事件で逮捕 窃盗癖(クレプトマニア)の弁護に強い弁護士

2017-04-22

東京都町田市の刑事事件で逮捕 窃盗癖(クレプトマニア)の弁護に強い弁護士

東京都町田市に住む主婦A(46歳)は、スーパーで万引きをしたとして、窃盗罪で逮捕されました。
Aさんは過去にも、複数回窃盗をしており、検察官からは「公判請求せざるをえません」と言われています。
Aの夫は、インターネットで「窃盗癖(クレプトマニア)」の記事を見つけ、Aが窃盗癖(クレプトマニア)なのかもしれないと思っています。
今回は、責任をもって自分が治療を行うため、何とか、今回だけは執行猶予付き判決等にしてほしいと思い、刑事事件に強い弁護士事務所の弁護士に相談へ行きました。
(フィクションです)

窃盗癖(クレプトマニア)
窃盗癖(クレプトマニア)とは、「盗みを止めたくても止められない」という精神障害のことをいいます。
何度も警察に逮捕されているのに、同じことを何度も繰り返すのは、法を守ろうとする意識が低いのではなく、この精神障害によるものである可能性が高いです。

上記事案のAさんは、何度も窃盗を繰り返しています。
Aさんが「やめようと思っているのに、気が付くと、体が勝手に動いてつい盗んでしまっている」「お金を浮かせようという気持ちで盗んでいるわけではない」などと発言しているような場合、窃盗癖(クレプトマニア)を疑ってみる必要があるかもしれません。

窃盗癖(クレプトマニア)の人にとって、刑務所での長期の身体拘束という罰は、あまり効果を有しません。
それよりも、専門機関で、窃盗を繰り返さないように治療を受けさせる必要があります。
ですから、実刑により刑務所へ収容させるよりも執行猶予や不起訴により病院で治療させるべきことを検察官や裁判官に訴えかける弁護活動が重要になってきます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、窃盗事件の経験も豊富であり、治療の必要性などを解くことで、執行猶予判決を獲得した経験もございます。

東京都町田市窃盗事件でお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで一度ご相談ください。
町田警察署 初回接見費用:3万7800円)

« Older Entries