Archive for the ‘暴力事件’ Category

東京都府中市の殺人事件で再逮捕 公判で殺人の故意を争う弁護士

2017-08-02

東京都府中市の殺人事件で再逮捕 公判で殺人の故意を争う弁護士

千葉県印西市の老人ホームに勤務していた准看護師のAは、女性職員に睡眠導入剤を混ぜたコーヒーを飲ませて急性薬物中毒にしたとして傷害容疑で逮捕され、さらに別の女性職員とその夫に睡眠導入剤入りのお茶を飲ませて交通事故を起こさせ、夫婦らを殺害しようとしたとして、殺人未遂容疑で再逮捕されていました。
今回、Aはさらに、介護職員のVに睡眠導入剤を混ぜた飲み物を飲ませ、交通事故を起こさせて死亡させたとして、殺人などの疑いで再逮捕されました。
AはVが車で帰ることを知りながら、睡眠導入剤を飲ませて運転させた疑いが持たれています。Aは、「睡眠導入剤を入れたことは確かだが、殺そうというつもりはなかった」と述べています。
(平成29年8月1日の産経ニュース他参照)

上記Aさんは、Vに対する殺人の疑いで再逮捕されています。
この後、検察官に事件が送られて、起訴するか否かの判断がなされることになるのですが、AさんがVへの殺人容疑で起訴された場合、公判ではどのような点が問題となるのでしょうか。

公判での問題点~殺人の故意があるか?】
殺人罪は「人を殺したもの」を罰する刑法上の規定です。
検察官が、被告人を「殺人罪」で起訴している場合には「人を殺した」という事実、そして、「人を殺す意図(殺人の故意)があった」という事実を立証する必要があります。
ただ、上記例のAさんは、「殺そうというつもりがなかった」と述べており、人を殺す意図(殺人の故意)を否定していますので、この部分が公判での最大の論点の一つとなるでしょう。

殺人罪で起訴した検察側としては、①普段からVは車を運転して帰っていたことをAが知っていた②Vに睡眠導入剤を飲ませることで、Vが運転中に意識を失う(ないし意識がもうろうとする)ということをAは認識していた③Vが意識を失った結果、「死亡事故を起こしても構わない」とAは思っていた、などという事実を主張し、殺人の故意(未必の故意)があったと主張すると考えられます。
そして、それらを裏付ける客観的証拠や証人を呼ぶと考えられます。

一方で、弁護士としては、そのような「人を殺す意図(殺人の故意)」はなかったと反証していくことになるでしょう。もし、それが認められることになれば、睡眠導入剤を使って人の生理的機能を障害したとして、「傷害罪」や「傷害致死罪」が成立するにすぎないことになるでしょうか。

今後、殺人罪で起訴され、公判となった場合、弁護士・検察官ともにどのように主張し、どのような司法判断がなされるのか注目したいところです。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件専門の弁護士事務所で、上記のような事件を含め、東京都府中市内の刑事事件も多く取り扱っています。
東京都府中市の殺人などの刑事事件で、公判対応をお考えの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで一度ご相談ください。
府中警察署 初回接見費用:3万6500円)

東京都目黒区の刑事事件で逮捕 暴力行為等の処罰に関する法律違反事件で不起訴を目指す!

2017-08-01

東京都目黒区の刑事事件で逮捕 暴力行為等の処罰に関する法律違反事件で不起訴を目指す!

東京都目黒区に住むAさんは、友人VとAの家で飲んでいた際、口論になり、台所にあった刺身包丁をVに突き付けて、Vに怪我をさせてしまいました。
Vから通報を受けた碑文谷警察署の警察官はAを暴力行為等の処罰に関する法律違反で逮捕しました。
Aは、「酔って気が大きくなっていた。殺すつもりなどはなかった。Vには申し訳ないことをしてしまった」と言っています。
Aの両親は、刑事事件に強い弁護士事務所の弁護士に、今回の件について相談をしました。
(フィクションです)

暴力行為等の処罰に関する法律
暴力行為等の処罰に関する法律とは、暴力団などの集団的暴力行為や、銃や刀剣による暴力的行為、常習的暴力行為を処罰する法律です。
行為の特質性から、刑法上の暴行罪や脅迫罪よりも重く処罰するために制定されています。

上記Aさんは、包丁という凶器を使って相手に怪我をさせています。
ですから、暴力行為等の処罰に関する法律違反(1条の2違反)として罰せられる可能性があります。
暴力行為等の処罰に関する法律違反(1条の2違反)の場合の法定刑は、1年以上15年以下の懲役であり、罰金刑はありません。
刑法上の「傷害罪」の場合、罰金刑があることを踏まえると、暴力行為等の処罰に関する法律違反は重く罰則が規定されていることがお分かりになると思います。

暴力行為等の処罰に関する法律違反で不起訴
罰金刑の規定がない以上、検察官が起訴するとなった場合、実刑判決が下されることになります。
初犯の場合、執行猶予が付くことがほとんどと言えますが、傷害の態様等によってはつかないことも考えられます。
そして、起訴された場合は前科がついてしまうことになります。
そのような事態を避けるためには、早期に弁護士に相談し、きちんとした対応により不起訴処分を目指していくことが重要です。
弊所は、刑事事件専門の弁護士事務所であり、暴力行為等の処罰に関する法律違反事件で不起訴を獲得した経験もございます。
東京都目黒区暴力行為等の処罰に関する法律違反事件で、不起訴になりたいとお考えの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
碑文谷警察署 初回接見費用:3万6700円)

東京都江戸川区の刑事事件(過失傷害事件) 親告罪で不起訴処分を目指す弁護士

2017-06-29

東京都江戸川区の刑事事件(過失傷害事件) 親告罪で不起訴処分を目指す弁護士

東京都江戸川区に住むAは、職場の上司からゴルフに誘われたので素振りの練習をすることにしました。しかし自宅の庭が狭かったので、玄関先の路上で素振りをしていたところ、通行人に当たってしまい、大怪我をさせてしまいました。
その後、東京都江戸川区を管轄する小松川警察署の警察官から、過失傷害罪の疑いで、任意出頭を要請されました。
(フィクションです。)

過失傷害罪とは】

過失傷害罪とは、「過失」によって人に傷害を与えることで、法定刑は、30万円以下の罰金又は科料となっています。

過失傷害罪の「過失」とは、「注意義務違反」のことです。
過失傷害罪において、加害者側に「注意義務違反」が認められるには、「結果の発生を予見すること」ができ、その予見に基づいて「結果の発生を回避するに適した措置をとならなかったこと」が必要とされています。

また過失傷害罪では、過失行為と傷害の結果について因果関係が必要です。

過失傷害罪で不起訴処分を目指す】

過失傷害罪では、「注意義務違反」の有無が重要となります。
そのため、過失傷害罪の捜査では、被害状況等について詳細な実況見分、事情聴取等が早期に行われる可能性が高いと考えられます。

また過失傷害罪は、親告罪ですので、捜査機関が捜査、逮捕した場合は、既に被害者から告訴状が提出されている可能性が高いです。
親告罪とは、告訴がなければ検察官が公訴を提起することができない犯罪のことです。
つまり、親告罪の事件で、告訴状が提出されている場合は、被害者が加害者側へ処罰意思があると言えます。
ですから、過失傷害罪で逮捕された場合は、被害者への謝罪や示談交渉を早期に行うことが、不起訴処分を獲得するためには重要となります。。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、過失傷害罪等の刑事事件専門の弁護士事務所ですので、被害者との示談交渉にも精通しています。
これまでにも親告罪の事件において、示談交渉等の弁護活動により、不起訴処分となった実績が多数あります。

ご家族が過失傷害罪で逮捕され、お困りの方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料相談をお申込み下さい。
小松川警察署 初回接見費用:4万1400円)

刑事事件専門の弁護士~東京都八王子市の強要事件の逮捕にも対応

2017-06-24

刑事事件専門の弁護士~東京都八王子市の強要事件の逮捕にも対応

Aさんは、東京都八王子市の路上を歩いている際に、Vさんと肩をぶつけてしまいました。
Vさんが謝罪しなかったことに腹を立てたAさんは、Vさんに詰め寄り、「土下座して謝らないと痛い目に遭うぞ」等と言ったり、近くに止めてあった自転車を蹴飛ばしたりして、Vさんに無理矢理土下座をさせました。
通行人が通報したことで、八王子警察署の警察官が現場に駆け付けAさんは強要罪の容疑で逮捕されてしまいました。、
(※この事例はフィクションです。)

強要罪

強要罪は、「生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴力を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、3年以下の懲役刑に処する」とされている犯罪です(刑法223条1項)。
上記事例のAさんは、Vさんに対して傷つけることをほのめかしたり(=脅迫したり)、近くにあった自転車を蹴飛ばしたり(=暴行したり)しています。
そして、このAさんの言動によって、Vさんは土下座(=義務のないこと)をさせられています。
ここで、強要罪のいう「義務のないこと」とは、道徳上すべきとか、人としてすべきというようなことは含みません。
たとえVさんがAさんに謝るのが人としての筋であったとしても、それは強要罪のいう「義務」にはあたりません。
これらのことから、Aさんには強要罪が成立すると考えることができます。

強要罪の法定刑は、前述の通り、罰金刑のみの規定がありません。
つまり、起訴されてしまえば刑事裁判を受けることになりますし、そこで有罪判決が下れば、すぐに刑務所へ行くことになる可能性もあるということです。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件専門の弁護士です。
強要事件を起こしてしまってお困りの方や、お身内が逮捕されてしまってお悩みの方のご相談に、丁寧にお答えいたします。
刑事事件専門だからこそ、強要事件のような重い暴力事件にも、迅速に対応が可能です。
強要事件の逮捕について不安を抱えられている方は、まずは弊所の弁護士まで、ご相談ください。
八王子警察署までの初回接見費用:3万3700円)

東京都奥多摩町の暴行事件で逮捕 刑事事件専門弁護士が早期接見!

2017-06-21

東京都奥多摩町の暴行事件で逮捕 刑事事件専門弁護士が早期接見!

東京都西多摩郡奥多摩町に住むAさんは、飲食店で近くの席にいた客Vさんにあることで腹を立て、口論となりました。
Aさんはかっとなって、卓上の物をVさんに投げつけました。
その結果、Aさんは、従業員の通報によって駆け付けた、青梅警察署の警察官に、暴行罪の容疑で逮捕されてしまいました。
今後のことが不安になったAの妻は,刑事事件専門の弁護士に初回接見を依頼しました。
(フィクションです)

この事件のように,刑事事件に巻き込まれる,逮捕されるということは突然おこります。
おそらくご主人や身近な人が逮捕され,どうしていいかわからない人が多いでしょう。
まずそもそも,逮捕されるということ自体が普段馴染みのない出来事ですから,対処が分からないのも当然です。
そのような場合,ぜひ,弁護士に初回接見を依頼してみてはいかがでしょうか。

接見について】
逮捕後数日間は,被疑者のご家族が被疑者に接見することはできません。
ですから,なぜ逮捕されたのかなどの情報も,警察から伝えられることしかわかりません。
しかし弁護士であれば,接見交通権が保障されているため、身柄拘束中の被疑者や被告人と自由に面会することが可能です。
そこで,今回の事件についてをしっかりと聞き,ご依頼者であるご家族の方へおつたえすることができます。

また,弁護士との接見を通じて、被疑者の権利や取調べ対応、今後の手続きなどについて説明やアドバイスを行うことで、被疑者の防御権を十分に行使できるようにします。
その上,接見時ご家族の声を留置所にいる被疑者に伝えることで,被疑者の精神的ストレスを軽減することができる点にあります。

【早期活動のメリット】
不起訴を勝ち取ることや執行猶予を付けることなど,各々のケースで様々な目標はあることでしょう。
これを達成するには,やはり刑事事件に強い弁護士をできる限り早く選び,その弁護士と二人三脚で,自らの主張をしていくことが最も重要です。
刑事事件は常に時間との戦いです。
逮捕されてから判決が出るまでに様々な弁護活動を行うことができますが,この弁護活動をやっていればよかったのに,とならないためにも弁護士を早くつけることをお勧めします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件に特化した事務所であり、弁護士も事務所スタッフも刑事事件のプロフェッショナルです。
東京都奥多摩町暴行事件で逮捕され、今後の対応に不安がある方は、一度、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談ください。
青梅警察署 初回接見費用:3万9400円)

東京都葛飾区内の刑事事件(傷害事件)に迅速対応 弁護士により勾留決定を回避

2017-06-11

東京都葛飾区内の刑事事件(傷害事件)に迅速対応 弁護士により勾留決定を回避

東京都葛飾区内に住むAさん(25歳)は、通行人を殴ってけがさせた(傷害罪)容疑で、葛飾警察署に逮捕されました。
逮捕の知らせを聞いた、Aさんの妻Bは、どうしていいかわからず、刑事事件専門の弁護士が所属する法律事務所に相談へ行きました。
対応した弁護士は「迅速に動くことで、勾留がつくのを回避しましょう」と言っています。
(フィクションです)

傷害罪での逮捕】
傷害罪は、刑法204条に規定されており、「人の身体を傷害した」場合に成立します。
法定刑は、15年以下の懲役または50万円以下の罰金です。
傷害事件などを起こした場合、現行犯逮捕されることが比較的多いといえます。
例えば、弊所には、「夫が酔っぱらって他人に暴行行為を行っているところ、被害者や目撃者に警察へ通報され、駆け付けた警察に現行犯逮捕された。どうしたらよいか」といった相談も寄せられます。

勾留を避ける】
逮捕されたのち、72時間以内に検察官へ事件が送られることになります。
その際、検察官が勾留請求をし、裁判官が勾留決定をしてしまえば、さらに10日間身体拘束がなされることになります。
身体拘束を早く解くためには、勾留請求がなされることを防ぐための活動や、勾留決定がなされないようにするための活動をする必要が高いといえます。

また、勾留決定がなされた場合には、すぐにあきらめるのではなく、勾留に対する準抗告や、勾留取消請求などその時点で最善の活動を迅速に行うべきといえます。
そうすることで、無駄な身体拘束を防ぐことができます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件に特化した事務所であり、弁護士も事務所スタッフも刑事事件のプロフェッショナルです。
東京都葛飾区傷害事件で逮捕され、勾留を避けたいと考えている方は、一度、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談ください。
葛飾警察署 初回接見費用:3万8500円)

 

東京都八王子市南大沢の刑事事件に強い弁護士 恐喝事件で不起訴を獲得

2017-05-19

東京都八王子市南大沢の刑事事件に強い弁護士 恐喝事件で不起訴を獲得

東京都八王子市南大沢に住むAさんは、南大沢警察署から恐喝容疑で逮捕されました。
被疑事実は、Aがギャンブルで金がなくなってしまいましたため、知人Vに対して「金をくれなければ、痛い目にあうぞ」といい、金銭5万円を交付させたというものです。
Aは容疑を認めており、Vに謝罪と賠償をしたいと考えています。
Aの妻Bは、できれば不起訴になる可能性を上げたいと考え、刑事事件に強い弁護士事務所に相談へ行きました。
(フィクションです)

恐喝?脅迫?強要?】
上記Aさんは、恐喝の容疑で逮捕されています。
恐喝罪は「人を恐喝して、財物を交付させた」場合に成立します。
法定刑は、10年以下の懲役になりますので、検察官が公判請求をした場合、罰金にはなりません。

恐喝罪と似た罪名で「脅迫罪」や「強要罪」があります。
よく、混同される方がいるのですが、それぞれ内容が異なります。

脅迫罪は、「生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した」場合に成立します。
恐喝との大きな違いは、財物の交付があるかないかです。

また、強要罪は「生命、身体、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は、暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した」場合に成立します。
恐喝との大きな違いは、相手に義務のないことをさせるのか、財物という物を交付させるのかという点です。
つまり、相手を脅迫して、土下座等をさせた場合には「強要罪」になりますし、相手を脅迫して、金銭を交付させた場合には「恐喝罪」になります。

恐喝事件で不起訴
恐喝事件で捜査されているような場合、しっかりと被害者に対して謝罪・賠償し、相手が許してくれれば、不起訴処分となる可能性があります。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件専門であり、不起訴処分の獲得も多数ございます。
東京都八王子市南大沢刑事事件恐喝事件で逮捕され、不起訴を目指したいとお考えの方は、一度、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士に相談ください。
南大沢警察署 初回接見費用:3万7100円)

東京都あきるの市の刑事事件で示談交渉 暴行罪で逮捕されたら弁護士に初回接見 

2017-05-18

東京都あきるの市の刑事事件で示談交渉 暴行罪で逮捕されたら弁護士に初回接見 

東京都あきるの市に住むAさんは、会社の飲み会後、タクシーに乗った際、酔っぱらって運転手を殴って暴行を加え、通報を受けた東京都あきるの市を管轄する五日市警察署の警察官に、暴行罪逮捕されました。
知らせを受けたAさんの家族は、「被害者の方への謝罪や示談交渉等に詳しい」と評判の、暴行罪等の刑事事件を専門に扱う弁護士初回接見を申し込みました。
(フィクションです。)

暴行罪とは】
暴行罪とは、刑法第208条に定められており、法定刑は2年以下の懲役、30万円以下の罰金、拘留又は科料です。
暴行罪の成立要件は、人に「暴行」を加えることです。
暴行罪での「暴行」とは、「人の身体に対する有形力の行使」とされています。
暴行罪の「暴行」でよくある事例は、殴る、蹴る等などですが、傷害の結果が伴うと「傷害罪」となります。
暴行罪の「暴行」は、人に向けられていれば足りますので、被害者に物理的な接触をしていない場合も暴行罪が成立します。

暴行罪逮捕されたら示談交渉】
暴行罪逮捕され、加害者本人が暴行の事実を認めている場合、暴行を受けた被害者の方への謝罪や示談交渉が重要です。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、暴行罪等、刑事事件専門の弁護士事務所です。弊所の弁護士は、刑事事件示談交渉に精通していますので、適切な示談交渉により、当事者間の解決を図り、不起訴処分や刑罰の量刑を軽くする活動等を行います。

暴行罪は、夜中に事件が発生し、逮捕されるケースもありますが、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、24時間お電話で初回接見の申し込みを受け付けております。
ご家族が暴行罪等の刑事事件逮捕されてお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までまずは初回接見をお申込み下さい。
五日市警察署 初回接見費用:4万200円)

東京都八王子市高尾町の刑事事件で評判のよい弁護士 傷害罪で起訴前弁護

2017-05-12

東京都八王子市高尾町の刑事事件で評判いい弁護士 傷害罪で起訴前弁護

東京都八王子市高尾町に住むAさん(29歳)は、Vさんを殴って怪我させてしまいました。
Vから被害届が出されたAさんは、傷害罪の容疑で高尾警察署に呼ばれています。
Vさんは、被害者対応も含めて、起訴される前にできる限りのことをしたいと考え、刑事事件評判のいい弁護士事務所の弁護士に相談へ行きました。
(フィクションです)

傷害罪での起訴前弁護】
上記のように、相手に暴力を働き、けがをさせた場合には、「傷害罪」(204条)が成立します。
法定刑は、15年以下の懲役又は50万円以下の罰金です。

傷害罪で捜査がなされている段階で、「刑事事件に強いと評判があったので、相談に来ました」と、無料相談にいらっしゃる方も少なくありません。
起訴前に弁護士に弁護活動を依頼した場合、例えば、以下のような弁護活動を行います。

①身柄解放活動
上記例では、Aさんは身体拘束がなされていませんが、傷害の容疑で身体拘束がされているケースも少なくありません。
そこで、そのような場合には、弁護士は、身柄解放活動を行います。
具体的には、勾留しないように求める意見書をだしたり、勾留決定がなされれば、勾留決定に対する準抗告を申し立てたりします。

起訴を防ぐ活動
被疑者にとって、傷害罪で起訴されるのか否かというのは重要な点です。
もし、起訴されて刑罰が科されてしまえば、前科がつくことになります。
そこで、弁護士起訴されないような弁護活動を行います。
例えば、後述のとおり被害者と示談をすることや、贖罪寄付の手続きをする、再犯防止の策を被疑者と検討する、など事件に応じて適宜活動いたします。

③被害者と示談交渉
被害者さんへの謝罪や被害弁償も弁護士起訴前弁護の一つです。
示談交渉が締結でき、さらに、こちらの誠意が伝わり、相手が「許してくれる」といった場合には、起訴される可能性を下げることが可能です。
あくまで、上記例は一例であり、各事件によって最適な起訴前弁護活動は様々です。

東京都八王子市高尾町傷害事件で、起訴前の弁護をお考えの方は、刑事事件に強い弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで一度ご相談ください。
高尾警察署 初回接見費用:3万5700円)

神奈川県大和市の事件にも対応! 少年事件に強い弁護士が傷害罪の示談交渉で身柄解放活動

2017-05-08

神奈川県大和市の事件にも対応! 少年事件に強い弁護士が傷害罪の示談交渉で身柄解放活動

神奈川県大和市で彼女と同棲中のA(19歳)は、別れ話がもつれて彼女を殴り、傷害罪神奈川県大和警察署に逮捕されました。
Aの両親は、少年事件に強い弁護士事務所に無料相談を申し込み、被害者の方への謝罪等の示談交渉や、早期に身柄解放してもらうにはどうしたらよいか尋ねました。
(フィクションです)

傷害罪などの男女トラブル】
男女トラブルは、少年事件であっても、暴行や傷害罪、リベンジポルノ、殺人事件など重大な犯罪を引き起こす可能性があります。
警察は犯罪を予防する義務があるため、男女トラブルの相談で当事者がケガをしていれば、傷害罪で被害届を出すように説得し、事案によっては逮捕することも考えられます。

少年事件で逮捕・勾留について】
Aの事例ですと、神奈川県大和警察傷害罪で逮捕された後、Aは成人事件と同様、最大で48時間勾留され、検察官に送致されます。
その後検察官は、勾留の必要性等を判断し、必要があれば刑事施設などで一定期間Aの身柄を拘束します。

傷害罪での示談交渉】
男女トラブルなどの傷害事件では、少年事件でも、弁護士による被害者の方へ謝罪等の示談交渉は大切な弁護活動です。
警察に被害届が出された後でも、示談交渉が成立すれば、被害届を取り下げてもらい、早期に身柄解放され、またその後の処分について審判不開始や保護観察処分等を獲得する可能性が高くなると言えます。
また、少年事件では早期身柄解放を目指すためだけでなく、社会復帰に向けた環境整備等のサポート活動も大切です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件・少年事件専門の弁護士事務所のため、男女トラブルなどの傷害事件での示談交渉や早期身柄解放のための弁護活動の他、環境整備に向けたサポート活動にも実績があります。
神奈川県大和市少年事件で逮捕され、示談交渉に不安な方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までまずは無料相談をお申込み下さい。
神奈川県大和警察署 初回接見費用;3万8100円)

« Older Entries