Archive for the ‘暴力事件’ Category

東京都奥多摩町の暴行事件で逮捕 刑事事件専門弁護士が早期接見!

2017-06-21

東京都奥多摩町の暴行事件で逮捕 刑事事件専門弁護士が早期接見!

東京都西多摩郡奥多摩町に住むAさんは、飲食店で近くの席にいた客Vさんにあることで腹を立て、口論となりました。
Aさんはかっとなって、卓上の物をVさんに投げつけました。
その結果、Aさんは、従業員の通報によって駆け付けた、青梅警察署の警察官に、暴行罪の容疑で逮捕されてしまいました。
今後のことが不安になったAの妻は,刑事事件専門の弁護士に初回接見を依頼しました。
(フィクションです)

この事件のように,刑事事件に巻き込まれる,逮捕されるということは突然おこります。
おそらくご主人や身近な人が逮捕され,どうしていいかわからない人が多いでしょう。
まずそもそも,逮捕されるということ自体が普段馴染みのない出来事ですから,対処が分からないのも当然です。
そのような場合,ぜひ,弁護士に初回接見を依頼してみてはいかがでしょうか。

接見について】
逮捕後数日間は,被疑者のご家族が被疑者に接見することはできません。
ですから,なぜ逮捕されたのかなどの情報も,警察から伝えられることしかわかりません。
しかし弁護士であれば,接見交通権が保障されているため、身柄拘束中の被疑者や被告人と自由に面会することが可能です。
そこで,今回の事件についてをしっかりと聞き,ご依頼者であるご家族の方へおつたえすることができます。

また,弁護士との接見を通じて、被疑者の権利や取調べ対応、今後の手続きなどについて説明やアドバイスを行うことで、被疑者の防御権を十分に行使できるようにします。
その上,接見時ご家族の声を留置所にいる被疑者に伝えることで,被疑者の精神的ストレスを軽減することができる点にあります。

【早期活動のメリット】
不起訴を勝ち取ることや執行猶予を付けることなど,各々のケースで様々な目標はあることでしょう。
これを達成するには,やはり刑事事件に強い弁護士をできる限り早く選び,その弁護士と二人三脚で,自らの主張をしていくことが最も重要です。
刑事事件は常に時間との戦いです。
逮捕されてから判決が出るまでに様々な弁護活動を行うことができますが,この弁護活動をやっていればよかったのに,とならないためにも弁護士を早くつけることをお勧めします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件に特化した事務所であり、弁護士も事務所スタッフも刑事事件のプロフェッショナルです。
東京都奥多摩町暴行事件で逮捕され、今後の対応に不安がある方は、一度、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談ください。
青梅警察署 初回接見費用:3万9400円)

東京都葛飾区内の刑事事件(傷害事件)に迅速対応 弁護士により勾留決定を回避

2017-06-11

東京都葛飾区内の刑事事件(傷害事件)に迅速対応 弁護士により勾留決定を回避

東京都葛飾区内に住むAさん(25歳)は、通行人を殴ってけがさせた(傷害罪)容疑で、葛飾警察署に逮捕されました。
逮捕の知らせを聞いた、Aさんの妻Bは、どうしていいかわからず、刑事事件専門の弁護士が所属する法律事務所に相談へ行きました。
対応した弁護士は「迅速に動くことで、勾留がつくのを回避しましょう」と言っています。
(フィクションです)

傷害罪での逮捕】
傷害罪は、刑法204条に規定されており、「人の身体を傷害した」場合に成立します。
法定刑は、15年以下の懲役または50万円以下の罰金です。
傷害事件などを起こした場合、現行犯逮捕されることが比較的多いといえます。
例えば、弊所には、「夫が酔っぱらって他人に暴行行為を行っているところ、被害者や目撃者に警察へ通報され、駆け付けた警察に現行犯逮捕された。どうしたらよいか」といった相談も寄せられます。

勾留を避ける】
逮捕されたのち、72時間以内に検察官へ事件が送られることになります。
その際、検察官が勾留請求をし、裁判官が勾留決定をしてしまえば、さらに10日間身体拘束がなされることになります。
身体拘束を早く解くためには、勾留請求がなされることを防ぐための活動や、勾留決定がなされないようにするための活動をする必要が高いといえます。

また、勾留決定がなされた場合には、すぐにあきらめるのではなく、勾留に対する準抗告や、勾留取消請求などその時点で最善の活動を迅速に行うべきといえます。
そうすることで、無駄な身体拘束を防ぐことができます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件に特化した事務所であり、弁護士も事務所スタッフも刑事事件のプロフェッショナルです。
東京都葛飾区傷害事件で逮捕され、勾留を避けたいと考えている方は、一度、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談ください。
葛飾警察署 初回接見費用:3万8500円)

 

東京都八王子市南大沢の刑事事件に強い弁護士 恐喝事件で不起訴を獲得

2017-05-19

東京都八王子市南大沢の刑事事件に強い弁護士 恐喝事件で不起訴を獲得

東京都八王子市南大沢に住むAさんは、南大沢警察署から恐喝容疑で逮捕されました。
被疑事実は、Aがギャンブルで金がなくなってしまいましたため、知人Vに対して「金をくれなければ、痛い目にあうぞ」といい、金銭5万円を交付させたというものです。
Aは容疑を認めており、Vに謝罪と賠償をしたいと考えています。
Aの妻Bは、できれば不起訴になる可能性を上げたいと考え、刑事事件に強い弁護士事務所に相談へ行きました。
(フィクションです)

恐喝?脅迫?強要?】
上記Aさんは、恐喝の容疑で逮捕されています。
恐喝罪は「人を恐喝して、財物を交付させた」場合に成立します。
法定刑は、10年以下の懲役になりますので、検察官が公判請求をした場合、罰金にはなりません。

恐喝罪と似た罪名で「脅迫罪」や「強要罪」があります。
よく、混同される方がいるのですが、それぞれ内容が異なります。

脅迫罪は、「生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した」場合に成立します。
恐喝との大きな違いは、財物の交付があるかないかです。

また、強要罪は「生命、身体、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は、暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した」場合に成立します。
恐喝との大きな違いは、相手に義務のないことをさせるのか、財物という物を交付させるのかという点です。
つまり、相手を脅迫して、土下座等をさせた場合には「強要罪」になりますし、相手を脅迫して、金銭を交付させた場合には「恐喝罪」になります。

恐喝事件で不起訴
恐喝事件で捜査されているような場合、しっかりと被害者に対して謝罪・賠償し、相手が許してくれれば、不起訴処分となる可能性があります。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件専門であり、不起訴処分の獲得も多数ございます。
東京都八王子市南大沢刑事事件恐喝事件で逮捕され、不起訴を目指したいとお考えの方は、一度、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士に相談ください。
南大沢警察署 初回接見費用:3万7100円)

東京都あきるの市の刑事事件で示談交渉 暴行罪で逮捕されたら弁護士に初回接見 

2017-05-18

東京都あきるの市の刑事事件で示談交渉 暴行罪で逮捕されたら弁護士に初回接見 

東京都あきるの市に住むAさんは、会社の飲み会後、タクシーに乗った際、酔っぱらって運転手を殴って暴行を加え、通報を受けた東京都あきるの市を管轄する五日市警察署の警察官に、暴行罪逮捕されました。
知らせを受けたAさんの家族は、「被害者の方への謝罪や示談交渉等に詳しい」と評判の、暴行罪等の刑事事件を専門に扱う弁護士初回接見を申し込みました。
(フィクションです。)

暴行罪とは】
暴行罪とは、刑法第208条に定められており、法定刑は2年以下の懲役、30万円以下の罰金、拘留又は科料です。
暴行罪の成立要件は、人に「暴行」を加えることです。
暴行罪での「暴行」とは、「人の身体に対する有形力の行使」とされています。
暴行罪の「暴行」でよくある事例は、殴る、蹴る等などですが、傷害の結果が伴うと「傷害罪」となります。
暴行罪の「暴行」は、人に向けられていれば足りますので、被害者に物理的な接触をしていない場合も暴行罪が成立します。

暴行罪逮捕されたら示談交渉】
暴行罪逮捕され、加害者本人が暴行の事実を認めている場合、暴行を受けた被害者の方への謝罪や示談交渉が重要です。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、暴行罪等、刑事事件専門の弁護士事務所です。弊所の弁護士は、刑事事件示談交渉に精通していますので、適切な示談交渉により、当事者間の解決を図り、不起訴処分や刑罰の量刑を軽くする活動等を行います。

暴行罪は、夜中に事件が発生し、逮捕されるケースもありますが、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、24時間お電話で初回接見の申し込みを受け付けております。
ご家族が暴行罪等の刑事事件逮捕されてお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までまずは初回接見をお申込み下さい。
五日市警察署 初回接見費用:4万200円)

東京都八王子市高尾町の刑事事件で評判のよい弁護士 傷害罪で起訴前弁護

2017-05-12

東京都八王子市高尾町の刑事事件で評判いい弁護士 傷害罪で起訴前弁護

東京都八王子市高尾町に住むAさん(29歳)は、Vさんを殴って怪我させてしまいました。
Vから被害届が出されたAさんは、傷害罪の容疑で高尾警察署に呼ばれています。
Vさんは、被害者対応も含めて、起訴される前にできる限りのことをしたいと考え、刑事事件評判のいい弁護士事務所の弁護士に相談へ行きました。
(フィクションです)

傷害罪での起訴前弁護】
上記のように、相手に暴力を働き、けがをさせた場合には、「傷害罪」(204条)が成立します。
法定刑は、15年以下の懲役又は50万円以下の罰金です。

傷害罪で捜査がなされている段階で、「刑事事件に強いと評判があったので、相談に来ました」と、無料相談にいらっしゃる方も少なくありません。
起訴前に弁護士に弁護活動を依頼した場合、例えば、以下のような弁護活動を行います。

①身柄解放活動
上記例では、Aさんは身体拘束がなされていませんが、傷害の容疑で身体拘束がされているケースも少なくありません。
そこで、そのような場合には、弁護士は、身柄解放活動を行います。
具体的には、勾留しないように求める意見書をだしたり、勾留決定がなされれば、勾留決定に対する準抗告を申し立てたりします。

起訴を防ぐ活動
被疑者にとって、傷害罪で起訴されるのか否かというのは重要な点です。
もし、起訴されて刑罰が科されてしまえば、前科がつくことになります。
そこで、弁護士起訴されないような弁護活動を行います。
例えば、後述のとおり被害者と示談をすることや、贖罪寄付の手続きをする、再犯防止の策を被疑者と検討する、など事件に応じて適宜活動いたします。

③被害者と示談交渉
被害者さんへの謝罪や被害弁償も弁護士起訴前弁護の一つです。
示談交渉が締結でき、さらに、こちらの誠意が伝わり、相手が「許してくれる」といった場合には、起訴される可能性を下げることが可能です。
あくまで、上記例は一例であり、各事件によって最適な起訴前弁護活動は様々です。

東京都八王子市高尾町傷害事件で、起訴前の弁護をお考えの方は、刑事事件に強い弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで一度ご相談ください。
高尾警察署 初回接見費用:3万5700円)

神奈川県大和市の事件にも対応! 少年事件に強い弁護士が傷害罪の示談交渉で身柄解放活動

2017-05-08

神奈川県大和市の事件にも対応! 少年事件に強い弁護士が傷害罪の示談交渉で身柄解放活動

神奈川県大和市で彼女と同棲中のA(19歳)は、別れ話がもつれて彼女を殴り、傷害罪神奈川県大和警察署に逮捕されました。
Aの両親は、少年事件に強い弁護士事務所に無料相談を申し込み、被害者の方への謝罪等の示談交渉や、早期に身柄解放してもらうにはどうしたらよいか尋ねました。
(フィクションです)

傷害罪などの男女トラブル】
男女トラブルは、少年事件であっても、暴行や傷害罪、リベンジポルノ、殺人事件など重大な犯罪を引き起こす可能性があります。
警察は犯罪を予防する義務があるため、男女トラブルの相談で当事者がケガをしていれば、傷害罪で被害届を出すように説得し、事案によっては逮捕することも考えられます。

少年事件で逮捕・勾留について】
Aの事例ですと、神奈川県大和警察傷害罪で逮捕された後、Aは成人事件と同様、最大で48時間勾留され、検察官に送致されます。
その後検察官は、勾留の必要性等を判断し、必要があれば刑事施設などで一定期間Aの身柄を拘束します。

傷害罪での示談交渉】
男女トラブルなどの傷害事件では、少年事件でも、弁護士による被害者の方へ謝罪等の示談交渉は大切な弁護活動です。
警察に被害届が出された後でも、示談交渉が成立すれば、被害届を取り下げてもらい、早期に身柄解放され、またその後の処分について審判不開始や保護観察処分等を獲得する可能性が高くなると言えます。
また、少年事件では早期身柄解放を目指すためだけでなく、社会復帰に向けた環境整備等のサポート活動も大切です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件・少年事件専門の弁護士事務所のため、男女トラブルなどの傷害事件での示談交渉や早期身柄解放のための弁護活動の他、環境整備に向けたサポート活動にも実績があります。
神奈川県大和市少年事件で逮捕され、示談交渉に不安な方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までまずは無料相談をお申込み下さい。
神奈川県大和警察署 初回接見費用;3万8100円)

刑事事件のプロによる弁護 弁護士が東京都八王子市の暴行事件で不起訴を獲得!

2017-05-05

刑事事件のプロによる弁護 弁護士が東京都八王子市の暴行事件で不起訴を獲得!

東京都八王子市に住むAさんは、八王子警察署暴行の容疑で事情を聞かれています。
被疑事実は、5月4日の深夜に、通行人Vと言い争いになった後、殴りかかってしまったというものです。
Aさんは、暴行行為をしたことを深く反省し、相手に謝罪したいと考えています。
また、今後のためにも不起訴になりたいと考えており、刑事事件に強い弁護士事務所の弁護士に相談へ行きました。
(フィクションです)

暴行事件での不起訴
暴行事件のような、殺人事件などと比べると軽微な事件の場合、きちんと対応をすることができれば、不起訴処分となる可能性も十分あります。
きちんとした対応とは、例えば、心から自分のした暴行行為を反省し、再犯防止策を考え、相手に対して謝罪と賠償をするといったものです。
検察官が起訴するか不起訴にするかの権限を持っていますので、検察官に対してしっかりと上記対応などを主張していかなければなりません。
もっとも、検察官は数多くの犯罪者を見てきていますので、嘘はすぐに見破られますし、甘い再犯防止策等であれば、考慮してくれない可能性もあります。

ですから、不起訴の可能性を少しでも上げるべくしっかりとした対応するためには、弁護士などの専門家に協力を仰いで、ともに考えることが得策と言えるでしょう。

不起訴の種類】
不起訴には大きく分けて3つの種類があります。
・嫌疑なし
・嫌疑不十分
・起訴猶予
です。
実際に暴行事件などの刑事事件を起こし、被害者や目撃者証言、客観的証拠があるような場合、嫌疑なしや、嫌疑不十分による不起訴はおおよそ考えられませんので、起訴猶予による不起訴を目指すことになります。
起訴猶予による不起訴となるためには上記に書かせていただいたような対応が必要となります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件専門のプロフェッショナルである弁護士が多数所属しています。
東京都八王子市暴行事件で不起訴のための対応をしっかりしたいとお考えの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士による無料相談を一度ご検討ください。
八王子警察署 初回接見費用:3万3700円)

東京都町田市で刑事事件で評判のいい弁護士 強要事件で被害者対応

2017-04-29

東京都町田市で刑事事件で評判のいい弁護士 強要事件で被害者対応

東京都町田市に住むAさんは、町田警察署から強要罪の容疑で取調べを受けています。
被疑事実は、Aは、町田市内の家電量販店に出かけたところ、目当ての製品が在庫切れであったこと、さらに、それに対する店員の対応に激怒して、店員土下座して謝罪させたというものです。
Aは、その様子を動画で撮り、インターネットに挙げて話題になっていました。
店員などから被害届もでています。
Aは、今後自分がどうなるのか心配で、刑事事件評判のいい弁護士に相談へ行きました。
(フィクションです。)

【モンスタークレーマーと強要
相手のささいなミスを大げさに取り上げて文句し、過度なおわび(例えば、店内での土下座など)を要求するといった、モンスタークレーマーの話題が時々取り上げられます。
また、その様子の一部始終を動画で撮り、ネット上にアップするという出来事も起こっています。
実際に、上記の事例のように、店員に土下座行為をさせたとして、強要容疑で逮捕された例が発生しています。
では、強要罪とはいったいどのような罪なのでしょうか。

強要罪は刑法223条に定められており、
「生命、身体、自由、名誉、若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害し」た場合に成立します。

強要罪の法定刑は、三年以下の懲役とされており、罰金などの規定はありません。
ですから、強要罪で検察官が起訴するという判断をした場合、無罪などにならない限りは実刑判決が下されることになってしまいます。

強要に強い弁護士
強要事件では、被害の賠償や示談交渉など、被害者対応が非常に重要です。
強要事件で被害者と示談が成立すれば、検察官が被疑者を不起訴とする可能性が高まります。
不起訴となれば、事件は裁判になることもなく、被疑者に前科がつくこともありません。

しかし、強要被害者は、被疑者による脅迫や暴行に怯えたり、被疑者を憎悪している場合が多いため、被疑者本人が被害者対応を行うことは困難です。

そこで、このような被害者対応を含む事件では、刑事事件を数多く取り扱う評判のいい弁護士にすぐに相談・依頼することをおすすめします。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、強要も含め、多くの事件で被害者対応を行い、事件の早期解決を実現しています。

ご自身またはご家族が強要を行ってしまった方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士による無料法律相談をご利用ください。
(警視庁町田警察署までの初回接見サービス費用:3万7800円)

東京都立川市の暴行事件で弁護士が即日対応 早期示談で不起訴を目指す

2017-04-28

東京都立川市の暴行事件で弁護士が即日対応 早期示談で不起訴を目指す

東京都立川市に住むAさんは、立川警察署暴行の容疑で呼び出されています。
被疑事実は、Aがタクシーの運転手Vと言い争いになり、Vの胸ぐらをつかんだというものです。
Aは、お酒に酔っていてあまり詳しくは覚えていませんが、そのようないい争いをした記憶はあります。
Aは、被害者に謝罪と賠償(示談)して、穏便な結果になるよう、できれば不起訴となるよう、弁護士事務所の弁護士に相談しに行きました。
(フィクションです)

暴行事件の態様】
暴行と言われると、人を殴ってしまった等の状況を思い浮かべるかもしれません。
しかし、上記のような「胸ぐらをつかむ」という行為も暴行罪に当たる可能性があります。

暴行罪の「暴行」とは、人に対する物理力の行使を指します。
その暴行概念は、裁判例上緩やかにとらえられています。
着衣をつかみ引っ張る行為をはじめ、大太鼓を連打して意識朦朧とした気分を与え、又は脳貧血を起こさせる行為、さらには、塩を振り開ける行為も「暴行」といえるとした裁判例があります。

暴行事件で示談
上記例のように、酔っぱらって覚えていないが、相手から「暴行された」と言われているという相談も少なくありません。
暴行したはずがないので、徹底的に争いたい」という方もいらっしゃいますが、「目撃者もいるため、暴行をしていたのは間違いないと思うので示談したい。不起訴になりたい。」という方も多くいらっしゃいます。

確かに、示談が締結でき、相手が「加害者を許す。寛大な処分を望む」といってくだされば、不起訴になる可能性が高まります。
ただ、怒っている被害者に対して示談などを持ち掛けることは、個々人では大変困難な事情ですし、話すら聞いてくれない可能性もあります。
そのような時はぜひ、一度、弁護士事務所の弁護士に相談してみることがよいでしょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件専門であり、暴行事件での示談の経験や不起訴獲得の経験が豊富です。
東京都立川市暴行事件で、示談をして不起訴の可能性を上げたい、という方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所八王子支部の弁護士に一度ご相談ください。
立川警察署 初回接見費用:3万6100円)

東京都八王子市の傷害事件に強い弁護士が所属 罰金見込みが不起訴に!

2017-04-27

東京都八王子市の傷害事件に強い弁護士が所属 罰金見込みが不起訴に!

東京都八王子市に住むAさんは、傷害罪の容疑で八王子警察署の警察官に任意取調べされました。
Aさんは、警察から「おそらく、罰金になるでしょうね」と言われました。
しかし、被害者に対して謝罪と賠償をしたかったこと、そして、前科が付くのは仕事柄避けたいということから、不起訴獲得も豊富な刑事事件専門の弁護士事務所の弁護士に相談しに行きました。
(フィクションです)

傷害事件で罰金?】
上記Aさんのように、傷害事件を起こした場合、刑法204条の傷害罪にあたり、15年以下の懲役又は50万円以下の罰金が科される可能性があります。
当然、事件の悪質性や、被害者のけがの程度などにもよりますが、初犯の場合には、いきなり公判請求がなされて刑務所になることは少なく、罰金処分が科されることが多いです。
そのような経験上、警察官も「おそらく、罰金になるだろう」などと言うこともあります。

ただ、どのような処分を科すかは検察官によりますので、警察官に「罰金の可能性が高い」と言われたからと言って、必ず罰金になるというわけではありません。
また、罰金とはいえ、刑が科されていますので「前科」がつくことになります。
仕事柄、罰金という「前科」が付くと困るという人も少なくなく、弊所に相談へいらっしゃる方も少なくありません。

【前科を避けるため不起訴
罰金がみこまれるような事案であっても、早期に被害者に対して対応して、示談や許すという一筆をもらうことができれば、不起訴になる可能性が高まります。
不起訴となれば、前科がつくことはありませんので、仕事などへの影響も生じません。

ただ、被害者に対して示談などを持ち掛けることは、個々人では大変困難な事情ですから、ぜひ、一度、弁護士事務所の弁護士に相談してみることがよいでしょう。

東京都八王子市傷害事件で、罰金と言われたが不起訴の可能性を上げたい、という方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士に一度ご相談ください。
八王子警察署 初回接見費用:3万3700円)

« Older Entries